出会い系利用者に聞いた出会い体験談その2

出会い系利用者の体験談をご紹介!(その2)

人妻の自分が出会い系で年下の彼氏を作った話

36歳の夫との結婚生活はものすごく息の詰まるものでした。倹約家の夫は家計のすべてを完璧に管理していて、私がちょっとでも使い方を間違えると、やりくりが下手だとか、細かくチェックが入ります。

私は結婚して専業主婦になったので、というか、させられたので、毎日毎日退屈で、いかに文句を言われずに一日を過ごすかばかり考えていました。何で結婚したんだろう、銀行員なら将来は安定していると合コンで知り合ってすぐについ合い始めたときは、懐の深い、もっと柔らかい印象の人でした。

 

 

生活を共にするまで一切気づけなかったこと、結婚もをすでに後悔しています。でも救いは私には自分の貯金もそれなりにあったこと、それを小出しにして時々買い物をすることでストレスを解消していたんですが、それも限界で、なんとなく見ていた出会い系サイトで素敵な男性との出会いを探すようになりました。

 

 

世の中には出会いを求めている人がこんなにいるのに、私は・・と思うと、取り残された気になって、昼間にランチでも!などと書き込みました。平日の昼間なら夫にもばれません。27歳の医療関係の仕事をしている彼は、時間に融通が利くので昼間でもランチ出来ますよと気軽にメールをくれて、そこから数日間やりとりして楽しいなと思えたので、本当に待ち合わせしてしまいました。

 

 

オシャレして人とランチなんて久しぶりで、結構はしゃいでしまいました。年下の男性にかわいいとか言われるのもうれしくて、やっぱりこういう時間が必要なんだなと実感しました。彼はごちそうしてくれて、私が払おうとすると、また今度の時に、と次も会いたいと言ってくれたんです。

それから1週間に会ったときには彼は休みを取っていて、一日中一緒にいられると期待してしまって、本当に昼間なのに、彼の自宅まで行ってしまったんです。車で迎えに来ていくれていて、遠出してランチして、どこ行こうと言った時に、家に来てと、、。

 

その意味は理解していましたし、それなりの準備と覚悟もしてきていました。だから久しぶりのセックス、夫とは1か月に1度くらいだから、すごく燃えました。

見た目とギャップがあるねと言われて恥ずかしいくらいでした。夫は私が乱れるのをあまり好みません。だから余計に自分が出てしまいました。恥ずかしいと言うと、それもかわいい、もっといいよ、と言ってくれて、ますますなんで夫と結婚したんだろうと思えてきました。離婚する勇気はありません。でも、彼がいれば、という気持ちで今はいっぱいです。

 

銀行員の20代女性が年上男性と出会い系で知り合った話

私は28歳の銀行職員です。かれこれ2年くらい男性との交際から遠ざかっていて、親からは頻繁にまだ結婚しないのかと電話がかかってきて、自分でもいい加減出会いを作らないとと思ってはいました。でも、事務に行ったり習い事をするのはおっくうで、なんとなく楽に出会える出会い系サイトに登録しました。お見合いみたいな感じだろうと思っていました。

 

メールでやり取りして楽しかったら会う。簡単なシステムだし、合わないと思ったらスルーできるので、空いた時間を使っていろんな人と短期間のやり取りを楽しみました。周りには婚活していることなど内緒でした。28歳ならまだまだ周りも独身が多いし、彼氏がいなくても親以外はがみがみ言いません。

でも、数ある出会いの中で私が出会ったのは、バツイチの45歳の男性でした。その人のことだけ、なんとなく、会ってみたいと思いました。彼と私との恋愛はすぐに始まりました。

 

 

私にとって彼のバツイチは大した問題ではありませんでした。理由も聞きましたが、高校生の時から付き合って結婚した奥さんが、3年前にその高校の同窓会に参加して、よりによってそのうちに一人と浮気をしたそうです。

彼と奥さんはクラスが違ったので同窓会は奥さんのクラスのみ、その同じクラスの、彼も知った男性との浮気に当時はどうしても許せなかったんだと、でも今はもうどうでもいいけど、と言っていました。

 

その彼が一度出会いを求めて、しかも私と同じで、見合いみたいなものだなと考えて登録したんです。同じだねと笑い合って、私の年齢を考えると、結婚を前提のほうがいいよねと彼が言い出してくれました。その後私は婚約者ができたと親しい人に伝えて、でもバツイチの45歳と言っては驚かれることになりました。

ネックなのが両親です。彼の両親は高齢で物わかりの良い人たちで、2人でよく考えて出した答えならかんげいするねと言ってくれました。

 

私の親はいまだにごちゃごちゃ言っていて、今後も何度か話合いが必要な気がします。でも、彼は私さえ良かったら気長に認めてもらえるように頑張ろうと言ってくれています。やっぱり大人の男性はどしっとかまえていて、考え方もスマートで、頼りがいがります。

たくさんある出会い系の中で、たくさんの登録者の中で、同じ考え方で利用して出会えたなんて、運命としか思えません。もし両親がこのまま反対しても、私の人生なので、必ず結婚して見せようと思っています。

 

出会い系サイトでフランス人女性との出会い

私は仙台に住む30代半ばの会社員です。東京出張の時に利用したYYCで出会った女性との事です。このサイトでのアダルト系の出会いは期待していなかったのですが、海外からの留学生で掲載されている写真も金髪の白人女性でしたので、気になって返事を返してみました。

 

 

書き込みの内容から彼女が希望する出会いの内容がアダルト系でしたので、ダメもとでお誘いしてみたところ、すぐに待ち合わせを希望する返事が返ってきました。私はその時新宿駅の近くにいたのですが、JR恵比寿駅での待ち合わせ希望とありましたので、山手線に乗ってすぐに向かいました。駅前の恵比須様の前には、写真と同じ格好をしたブロンドヘアの女性がいました。

 

あまりにも順調に出会えたことと、外国の方であることもあって少々怖さを感じましたが、恐怖心よりも欲望の方が勝って彼女に声をかけて挨拶しました。少々会話に難がありましたが、意思の疎通ができないほどの事でもなく、彼女の希望する内容を再度確認して、彼女に導かれるままホテルに入りました。

 

 

外で一緒に歩いている時には清楚でおしとやかな女性のように感じていたのですが、いざ部屋に入って二人きりになると、人が変わったように大胆になっていきました。バスルームに向かって給湯でお湯を張っている間、私に体を密着させながら着衣を一枚ずつ外していき、私を誘惑してきました。私から手を伸ばそうとすると優しくその手を払い、私の着衣も一枚ずつ脱がせていきました。

白人のブロンド女性とはいえ、モデルのような美人ではなかったものの、彼女の誘惑は日本人女性では感じられない女の色気を感じられ、どんどん興奮の度合いを高められていきました。

 

 

お互い一糸まとわぬ姿になると、今度は少々太目ではありましたが彼女のダイナマイトバディで私は全身を癒され、彼女に癒されるがまま快楽を堪能していきました。絶頂を迎えそうになる度に彼女に焦らされ、下腹部に相当な重さと心地よい痛みを感じるまで我慢させられながら、今度は彼女自身が快楽を得るために私の顔の上にまたがって腰を激しく振り出しました。

舌を使って彼女の秘部を責めてあげると、私には理解できないフランス語を叫びながら何度か絶頂を迎えたようでした。

 

何度目かの絶頂を迎えて潮吹きしてしまった後、一度素股で大量の射精させられた後で彼女はようやく私のモノを受け入れてくれ、騎乗位のままお互い2度3度と絶頂を迎えました。さすがに生での挿入はしませんでしたが、コンドームをつけても違和感がないくらいの感度の良さには驚きました。ブロンドヘアの白人に憧れてしまう理由がなんとなく解ったような気がしました。